リーシング&テナント営業セミナー「リーシング営業&テナント交渉術のポイント」

ビル経営者・リーシング営業マン、PMのための
リーシング&テナント営業セミナー

リーシング営業&テナント交渉術のポイント
◆経験に基づく実務ノウハウを公開!

・空室率を下げ、賃貸ビル収入を極大化させる
テナントリーシング術

 相変わらず賃貸ビルの空室率は高く、賃料も低迷が続いています。しかもこの状況は東京都心部とそれ以外の地域、地方都市では大きなバラつきがあります。またオフィスビル、商業ビル、複合ビル、それぞれによって微妙な違いがあります。
 こうした背景を踏まえて効率的なテナントリーシングを実行することは、健全なビル経営にとって不可欠とも言えます。テナントリーシングを円滑に進めるためには、その地域、その時点での貸ビル市況を的確に捉え、さらにテナントのニーズをも把握して臨む必要があります。
 また、単純な賃貸条件(賃料等)だけではなく、テナント企業の要望を分析して的確なリーシングを進めなくてはなりません。テナントリーシング術を学ぶことは優良なビル経営のための必須事項とも言えます。
 本セミナーでは、リーシング営業術、対テナント交渉術の実務を取り上げます。したがって、賃貸ビル経営者やその営業マン、さらにリーシングを担うプロパティマネジャーや仲介業者など賃貸ビル経営に関わる方々に大変有意義なものです。
 講師は、約30年にわたってテナント誘致業務に関わってこられた増田富夫氏((株)ディック・エンタープライズ・専務取締役)で、多数の貴重な経験を踏まえて、テナントリーシングとテナント交渉等、テナント営業のノウハウをお話いただきます。

【日時】 2010年6月8日(火)13:30〜16:30

【講師】 増田富夫氏
      (株式会社ディック・エンタープライズ専務取締役)

【主催】 株式会社ファンドソリューション

【後援】 財団法人 日本ビルヂング経営センター

【コンテンツ】
1. 貸ビル市況の現状(賃料と空室率)
   ○東京都心部のオフィスビル
   ○都心周辺部と地方都市のオフィスビル
   ○商業ビル
2.テナントリーシングの基本的心構えと進め方
   ○テナントリーシングの全体像
   ○効果的な新築ビルPRの方法
   ○新築ビルのリーシング手法
   ○既存ビル空室へのリ−シング手法
3.テナント入居情報の収集
   ○テナント入居情報とは?
   ○直接入手するテナント入居情報
   ○間接的に入手できるテナント入居情報
   ○テナント入居情報を生かす営業術
 4.テナント入居交渉の実務
   ○入居交渉にあたっての心構えとポイント
   ○入居検討申込書から賃貸借契約書まで
5.テナント交渉の重要性とその進め方
   ○賃料改定交渉
   ○テナント立退き交渉


講師プロフィール
増田富夫氏((株)ディック・エンタープライズ 専務取締役) 
----------------------------------------------------
1974年清水建設入社。11年間(83年〜93年)にわたって同社でテナント誘致業務を担当。担当ビル数は都内300棟、地方都市100棟を越える。94年(株)ディック・エンタープライズ入社、現在に至る。オフィス・店舗仲介、不動産売買仲介、オフィスビル・商業ビル企画等、テナント誘致に関わる業務に精通。特に東京・銀座エリアの賃貸ビル・テナントの動向に明るく、同エリアのシンボル物件においてリーシング実績を多数有する。

----------------------------------------------

お申込はこちら


----------------------------------------------

主 催   株式会社ファンドソリューション
後 援   財団法人 日本ビルヂング経営センター

会 場   主婦会館・プラザエフ・4Fシャトレ>>地図
       JR四ツ谷駅麹町口前
       TEL:03-3265-8111

受講料   25,000円  
        後援団体会員は20,000円、
        1社で二人目は20000円、三人目以降は10000円
日本ビル経営管理士会(JBMS)会員平成22年度ビル経営管理講座受講生は20,000円となります。
※受講料は下記口座へ平成22年6月3日(木)までにお振り込み下さい。

<銀行口座>
 三菱東京UFJ銀行 麹町中央支店
 普通 1529867 潟tァンドソリューション
 ■■振込み手数料はご負担願います。■■


不動産ビジネスの世界で生き残り、成功への道を歩むためには…
リアルタイムな最新情報の入手と、それに基づく戦略が必要です。
ファンドソリューションは、そのお役に立てるよう、お手伝いします。