プロパティマネジャーの日常管理・法的 最新必須知識〜省エネ法、消防法、CO2削減への現実的対応

プロパティマネジャーの日常管理・法的 最新必須知識
〜省エネ法、消防法、CO2削減への現実的対応〜

◆コンプライアンス時代のPMのあり方

◆PMに求められる新時代への対応

【講師】
青木邦啓

(株)鈴丈エステートサービス 代表取締役

【開催日時】
平成21年2月4日(水) 午後1時30分〜5時00分
<開場・午後1時>


【主催】 株式会社 ファンドソリューション
【後援】 財団法人 日本ビルヂング経営センター
      社団法人 全国ビルメンテナンス協会


【概要】
 不動産業界を未曾有の景気低迷が直撃している中にあって、現実にビルを運営・管理し、時代の要請に対応して、ビル経営の収益拡大に貢献するプロパティマネジャー(PM)の役割・重要性はますます高まっています。
 中でも日常・定期的管理としての、消防法による「防火管理」や建築基準法による「昇降機安全管理」、建築物衛生法(いわゆるビル管法)による「環境衛生管理」「設備保守管理」等の徹底は、PMに求められるコンプライアンスとしてますます要求度が高くなっています。
 さらには、改正省エネ法による「エネルギー管理」、CO2削減をめざす東京都環境確保条例改正による「CO2削減の義務化」は2009年4月から順次施行されていきます。省エネ、CO2削減はビルオーナー、テナントに課せられた今日的テーマであると同時に、PMにとって必須の知識であり、現実的対応が求められています。
 そこで、本セミナーでは、25年にわたりPM実務に関わり、ビル管理・運営を研究してきた青木邦啓氏に前記のビル管理ハード部門・各ポイントに的を絞って解説していただきます。


【コンテンツの詳細】

 1.〈基礎知識として〉日常的・定期的管理業務とPM
   日常的・定期的管理業務の概要/法定定期点検業務の
   概要/PMと管理権原者/物件が証券化された場合、
   サブリースの場合、信託された場合
 2.消防法
   PMに関わる消防法の概要/ビルの形態と防火管理/
   PMと管理権原者の関係/「防火対象物定期点検報告」/
   制度の概要/ビルオーナー、テナントの責任範囲/
   オフィスビルの共同防火管理制度/防火管理と管理コスト/
   消防計画/PMの現実的対応
 3.建築基準法(昇降機の安全管理)
   昇降機・安全管理の概要/トラブル事例とその対処/
   昇降機安全管理とPMの役割
 4.建築物衛生法(ビル管法)
   建築物衛生法の概要/「統括管理業務」の概要/統括
   管理業務とPMとの関わり
 5.省エネ法(エネルギー管理)
   2009年4月施行予定・改正省エネ法の概要/省エネ規制の
   現状/PMとエネルギー管理の関わり
 6.東京都環境確保条例
   東京都環境確保条例の概要/「地球温暖化対策計画書制度」
   と改正までの歩み/ビルオーナーとテナントの責務と対策例/
   PMに求められる役割

※上記項目は、内容向上のため一部が変更になる可能性がありますので、予めご了承ください。


■講師プロフィール:
  青木邦啓 氏   (株)鈴丈エステートサービス 代表取締役
   ビル経営管理士/宅地建物取引主任者/
   マンション管理士/建築物環境衛生管理技術者
---------------------------------------------

1955年生まれ、東京都港区出身。同志社大学法学部卒。
主な著書
・「中小テナントビルの経営と管理」(ぎょうせい)
・「入門プロパティマネジメント」共著(住宅新報社)
最近の活動
・管理コスト研究会メンバー(ニッセイ基礎研究所 運営)
・森ビル アーク都市塾 プロパティマネジメントコース講師
・「オンリーワン時代の不動産マネジメントビジネス」(住宅新報社刊)を不動産マネジメントビジネス研究会の1人として執筆。


不動産ビジネスの世界で生き残り、成功への道を歩むためには…
リアルタイムな最新情報の入手と、それに基づく戦略が必要です。
ファンドソリューションは、そのお役に立てるよう、お手伝いします。